まさかの父の前立腺がん発覚に家族一同動揺しました

私がかかった病気ではありませんが、私が大学生の頃に父が前立腺がんと診断されました。

 

父は私が小さい頃からとにかく仕事熱心な人で、事業も成功したおかげで何不自由なく育てられ私立の大学まで行かせてもらいました。父が前立腺がんと診断された時に私は大学1年生でした。入学したばかりでこれから4年間思いっきり勉強にプライベートに頑張るぞと思っているところでの父のガン発覚でした。

我が家は母は専業主婦で父だけが収入の源です。100%父の稼ぎの下で生活をしていました。その父がガンにかかっているということがわかり、家族みんな今までに経験のない動揺を感じました。でも今考えれば突然だったわけではありません。私が高校生の頃にも「最近尿の出が悪くなってきたなあ」とか「常に残尿感があるんだよなぁ」みたいなことを言っていたのを覚えています。この辺の自覚を持つようになった頃からすでに前立腺がんは始まっていたのかもしれません。

話に聞くと前立腺がんは進行が比較的遅いらしく、そのような状況が長く続いてようやく気づく人も多いようです。父の病状が心配であると同時に、自分の学生生活も続けられないのではないかという心配ももちました。
私が大学に入った理由は遊びたいではなく、某国家資格を取得する勉強のために行ったのです。その国家資格は受験資格に大学卒業があったためどうしても大学を出ておく必要があります。もちろん相当な勉強もしなければなりません。アルバイトをしながら学生生活を送ることも選択としてはありますが、そうなると勉強する時間を削られてしまいます。父も「お金の事は心配するな。アルバイトはせずにしっかりと勉強して学生の間に資格を取得できるくらいにがんばりなさい」と言ってくれていました。

前立腺がんというのはステージがいくつかあるらしく、初期段階であれば転移の心配はないけど一定のステージを超えていれば血液の方に転移する危険性があると先生に言われていました。血液の方に転移してしまっていたらガン細胞を取り除くことができないので治療のしようがないと言われました。調べた結果ステージがちょうど転移しているかどうか微妙なところだったらしく、細かく調べたところ転移がなかったことがわかりました。
しっかりと手術をして5年間転移が見られなければ大丈夫だと先生から言われ、現在は定期的に病院に診せに行ってます。仕事もガン発覚以前と同じようにバリバリ働いています。

 

PR 赤ら顔(酒さ)治療研究所:原因や予防・治す方法の総合ガイド